パソコンの梱包方法はどうするのがベスト?精密機械は細心の注意を!

パソコンの梱包方法はどうするのがベスト?精密機械は細心の注意を!

引越し通信 / 2017年4月13日

 

精密機器であるパソコンは、ほんの少しの衝撃で破損したり、データが飛んでしまう場合があります。

 

不要なトラブルを避けるためにも、引越しに向けてパソコンをしっかりと梱包しておきましょう。

 

梱包の方法としては、購入時の箱をそのまま利用して詰め直すことがベストです。

 

 

外箱だけではなく、箱の内側でパソコンを固定するための仕切り板や発泡スチロールも活用し、移動中に箱の中でパソコンが動かないように固定してください。

 

 

外箱しか残っていないという場合には、パソコン本体をエアキャップで包んでください。

 

 

デスクトップ型の場合には特に液晶画面を重点的に保護し、画面に傷が付かないように細心の注意を払いましょう。

 

 

 

外箱も廃棄してしまっているという場合には、通常のダンボールを利用して梱包しましょう。

 

 

さらに万全を期すために、梱包をする前にデータのバックアップを取っておくこともおすすめです。

 

 

バックアップが面倒な場合は、ハードディスクを直接取り外し、緩衝材で荷造りを行いご自身で運ぶ方法もお勧めです。

 

また、専用の外付けHDDに、大切な画像や動画などのデータをコピーして手荷物として運ぶ方法もあります。

 

 

パソコン本体に挿入されているCDやDVD、SDカードは必ず取り出しておき、パソコンとは別に梱包して荷造りをするようにしましょう。

 

 

業者に引越しを依頼される方であれば、パソコン専用の梱包資材を無料でもらえる業者もありますのでそちらも見積もり時にお問い合わせください。

 

 

一例として、ヤマトにはパソコン宅急便BOXがあり、日通にはパソコンポという専用資材が準備されています。

 

 

@ 2017 esol wordprss theme